クリスチャン・サーファーズ・インターナショナルへようこそ。1970年代からこの宣教の働きはサーファーへの伝道を心がけています。1999年に国際的な宣教団体として創立しました。その紹介をさせてもらいます

ビジョン

世界中のサーフィン界でキリストの証人となること。

目的

  1. 世界中のサーフィン界での伝道
  2. 世界中の教会に仕え、個々の教会とビーチとの掛け橋となること
  3. クリスチャンのサーファーが宣教に関わっていくことができるように、世界中のクリスチャン・サーファーのネットワークを作ること

基本理念

  • 伝道-伝道が目的であり、その中心にはキリストとその福音、そして聖書があります。
  • サーフィン- サーファーがサーファーにサーフィンを通して伝道出来るように努めます。クリスチャンのサーファーとして、自分たちのサーフィンがキリストに明け渡されていることを証していきます。
  • パートナーシップ-個々の宣教の拠点は様々な地域教会と協力して働いています。リーダーたちも色々な宗派から集まり、そのアカウンタビリティーを努めるもの達も宗派を超えて集まります。また、他の宣教団体と協力して伝道の働きをします。
  • 溶け込む-置かれたコミュニティーの中に溶け込みながら、その中でクリスチャンのコミュニティーを作り、そこから伝道していきます。その上、長期のコミットメントを必要とします。
  • 変化-神の国の知らせは個人個人のサーファーを変えていき、いずれはそのサーフィン・コミュニティー全体を変えていくことを信じています。 
  • 仕える-全てのリーダーは人々に仕えることにより、信頼を得、責任を持たされたもの達です。リーダーの基本理念は仕えることだと信じています。
  • ボランティア-普通の人々がボランティアとして、スタッフの働きをできるように励まします。この宣教の働きは「普通の人たち」が鍵となっています。
  • 国際的-同じ目的をもった国際的な家族であり、サーファーがいる全ての国々へ宣教の働きを広げます。

組織構成

国際的な団体としてオーストラリアにて法人登録しています。それぞれの国に存在する伝道の働きは独立したものです。その働きは主に海岸線に沿ってもうけられている「クラブ」的な伝道の拠点ですが、その他にもプロのコンテストでの奉仕を中心とした特殊な伝道の働きもあります。これらの働きは同じ目的と信仰によってのつながりを保ち、同じ宣教のマニュアルを共有し、申請の過程や信頼関係の上に成り立っています。地域の教会に根付いた働きを心がけ、全ての教派との関係を大事にしています。クリスチャン・サーファーズ・インターナショナルの事務所においてフルタイムのインターナショナル・ディレクターが、国際集会、ニュースレター、ホームページ、国々への訪問、資料、開発と発展に向けて働いています。

アカウンタビリティー

  • 国々のリーダー・代表者が集まった国際協議会
  • 外部からの審査を担当する理事会(オーストラリア)
  • フルタイムのインターナショナル・ディレクター(1999年より)も個人のアカウンタビリティー・チームを備えている
  • 全ての宣教の働きは地域の教会の支援と指導のもとにある
  • 全ての宣教の拠点はコア・グループ(数人のクリスチャンのリーダー)の指導のもとにある

Google+